09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ハハルア

Author:ハハルア
リズ ♀ 
フレンチブルドッグ (パイド)
06年8月17日生まれ
大阪府豊中市在住

ワンコ向け報道番組
「ニュース・ザパン」の
花形キャスター 
タキガワ・クリズデル 
としても活躍中。

好きなもの:散歩・人・犬・ヨーグルト・友達と遊ぶこと

嫌いなもの:ハウス・暇なこと

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年前

2007.10.28 09:25|日常
昨年のちょうど今頃、リズを迎えたばかりで毎日てんてこ舞いでした。

それまでよりも1時間半も早く起き、一階に下りて、鳴きわめいているリズを尻目にまずフードを水につけてふやかします。ふやかすのに一時間ほどかかるからです。
それからお湯を沸かしてセキュリティの解除や雨戸開けなど一連のことをやってから、リズさんのケージに向かいます。

うちに来てからは、リズさんとトイレトレーとベッド代わりのタオルは毎朝必ずブツにまみれてました。特に最初の3,4日は下痢が続いていました。
トイレトレーと床の掃除、タオルケットの洗濯をしてからリズの体や特に肉球の間にこびり付いたブツをふき取る作業に入ります。
これがなかなか落ちなくて、おまけにリズさんは小さいながらも、仰向けにすると暴れる、暴れる。なのでかなり時間がかかりました。
それからやわらかくなったフードを食べさせました。
これが毎朝、一ヶ月ほど続きました。

パピー7

これまでのぼよよ~んとした生活から、急に肉体的にもきつい生活に変化したわけですが、全然苦痛とは思いませんでした。


このようにブツまみれのリズをダンボールに度々隔離してました
パピー8

↑こうすると、ダンボールから脱出しようと暴れて鳴きわめきます。

そんな時、あるブヒちゃんのブログで、ケージに毛布などの覆いをすればよいとの意見があったので、早速試してみたところ。。

翌朝から鳴かなくなり、トレーのブツを踏みつけることもなくなりました。きっと周りが見えなくなったことで落ち着いたのかもしれません。
とにかく、その後はブツ掃除から解放されて、とっても楽になりました。

また、獣医さんからフードは完全に柔らかくしてから一日5回にわけて与えるようにと指示がでました。なので、4時間後には家にいないといけないわけです。とても一人暮らしでは飼える状況ではありませんでした。

パピー9

当時のリズの性格がよく現れている一枚です。
リズさんは、可愛い顔をしていながらとても気が強かったのです。
我々が近づくと、まずズボンのすそをガブ。なでようとすると手をガブ。送られてきた写真から、おっとりした子を想像していた私は、その獰猛ぶりに面食らいました。
一日に2回は部屋中を狂ったように爆走してました。

ぐっすり

それでも、私のオマタで寝る可愛いやつ。

パピー11

バリケードを突破しようとするリズさん

パピー12

最初は居間と廊下の間の階段が上れませんでした。

パピー13

しかし、数週間すれば登るようになり、廊下を爆走。

パピー14

初めての服。すぐに大きくなるので大き目をかったのですが…
大きくなると首のホックがとまらず。フレンチには向かない服でした。
にしても、迷惑そう。。

パピー15

おねんね姿も可愛い


当時はとても大変で、特にトイレトレーニングや甘噛みにはかなり悩みました。しかし、毎日が気が張って充実した日々ではありました。
まあ、こういうのも今では良い思い出です。


リズを迎える前は、犬を飼うことを反対していた母ですがリズを見た瞬間、その鼻ペチャで面白い顔が気に入ったようです。元々、昔に犬を飼っていたこともあって、決して犬嫌いではないのです。それからは私が仕事の時はリズの面倒を見てくれて、孫のように可愛がってくれています。
家中の家具をかじられても、絨毯におしっこされてあちこちにシミができても、買いたてのズボンをボロボロにされても、財布の取られて万札をカミカミされても、手を何度も噛まれても決して文句をいいませんでした。「だから、犬を飼うのは反対だったのよ」など、一言もいわなかった母には感謝しています。

ただ、ある時チワワを軽々抱えている年配の人をみて、「やはりチワワの方が軽くてよかったかしら…」など、つぶやいておりました。
そもそも、「チワワは華奢すぎて、扱いが怖いからダメ」と言ってたのはあーたでしょーが!

リズ23

それはともかく、一年間たいした病気にもかからず、元気に過ごしてくれたのが一番。
でも、もうちょっとご飯食べような。


コメント

チビリズちゃんかわいい~\(^o^)/
我が家では、迎える前から、
①抜け毛はない!
②地蔵のように大人しい!
③賢くて躾が楽!
と、母に大嘘をつきまくったので、家に来た初日に、「こんなはずじゃ~(;O;)」と、絶叫され、今では嘘つきの詐欺師呼ばわりです(^_^)vイエ~イ。
柱をかじっただの、洋服に抜け毛が付くだのと言いながら、今じゃすっかり虜になってますが・・・
ま、作戦勝ちって所でしょうか?
良くも悪くも、期待を裏切らない面白さがありますよね?

モモは生後四ヶ月で来たので、
ハハルアさんの体験された、ホントのパピー時代を
知らないんですよね~。凄く羨ましいです。
モモを迎えるまでは、私は乗り気ではなかったので、
お世話が大変で面倒だなぁ~って思ってましたが、
時間が経てば経つほど、お世話が大変って
ちっとも思わなくなりました。
きっと、ハハルアさんも大変だったと思いますが、
それ以上に幸せでいっぱいだったと思います。
リズちゃん、本当に可愛いですもんね。
モモは未だに、暴走しまくりですし、
オマタの間で寝たりじゃれたりするのが
未だに大好きみたいです…。
しかし、チビリズちゃんも可愛いけど、
今のリズちゃんのお顔、大好きです♪
ほんと、可愛いですね。
ごはん、あまり食べないんですか?
モモは、四六時中ごはんのことだけを考えているようです。

こゆきママさんへ

そう、そうですよね!私も事前の調べから得た
知識とあまりにかけ離れていたので、は???
こ、こんな犬だったの?…と面食らいました。
でも、母もあれだけ手を噛まれていたのに
一切文句を言わなかったのには頭が下がりました。
同時に申し訳ない気にもなりました。
でも、おっさるとおり、大変ではありましたが、
その一方でとっても面白いワンコでもありますよね。
だから、悩みながらも笑うことができました。

アミさんへ

私は本来、購入の際「生後3・4ヶ月までは親・兄弟犬と
過ごしたワンコ(社会化期間が十分備わるため)」を
希望条件に必ず入れようと思っていたのですが…
忘れてました(汗)。
それで生後約1ヶ月のリズの写真が送られて来たのですが、
一目見たとたん、もうメロメロになってしまい生後2ヶ月の時に
迎え入れたわけです。壊れそうに小さくて天使のよう
な愛らしさでした。しかしやることはまさに悪魔。
本来4ヶ月というのは迎えるのに一番適した月齢だと
思いますよ。
モモちゃんは、子犬らしく暴れたりしたでしょうが、
手とかはそれほど噛まれなかったのではないかと思いますが。。

ありがとうございます~
私も、今のリズの顔が大好きですよ♪

パピー時代、5回食やったんですね。。。
すごいっ。
我が家3回食でもお留守番で無理やったんで、いきなり2回食でした(汗)
トイレのしつけ、大変やったこと、リズちゃん見ながらワタシも思い出しました♪
今となっては懐かしいですよね♪

早いですね。
もう一年になるのですね。
とっても懐かしく小さい頃を思い出しました。
元気でいてくれるのが一番ありがたいですね。

さすがパピーリズちんは本当にかわいーっ!!
そういえば我が家も、
みしかが来たばかりの最初の3週間くらいは、
ダンボールで家を作って、活用してました(笑)
もちろん、毛布作戦もやりましたよー!!
やっぱりどこの家でも同じなんですね☆
何だか嬉しくなっちゃいましたっ
いろいろ試行錯誤して一緒に暮らしているうちに、
どんどんどんどん可愛く見えてくるんですよね♪
ハハルアさんの記事を読んで、改めて実感しました。
一緒にいられて、本当に幸せーって感じです。

小梅母さんへ

はい、5回、それも完全にフードをふやかしてとの
指示をされました。なので外出してもすぐに戻らないと
いけなくて、そのおかげもあって長い間留守番させたことが
ありません。その後便の状態が良くなってからも4回、3回と
減り、2回になったのは6ヶ月になってからでした。
最近は共働きで長い間留守番をさせる家庭が多いのでショップに
いる時から2回、それも堅いフードのままあげるところが多い
ようですよ。ホント、うちは共働きの家庭や一人暮らしだったら
どうなっていたんだろう??と、思います。

masamikoroさんへ

一年前のこの時が一番大変だったような気がします。
その分強烈に記憶されているので、まるで昨日のように
覚えていますよ。
手を焼いて、毎日「ダメ~っ!」と怒ってばかりでしたが、
たまに調子が悪くてしょんぼりしていると、悪さしても
いいから元気になってくれ!と切に願ったものです。

みしかママンさんへ

リズを迎える前に、勉強はしたのですがお陰で変に
知識だけついてしまい、現実とのギャップにかなり
戸惑いました。それこそ、試行錯誤の連続でしたね。
でも、それが今思えばいい経験になったと思います。
リズは小さい頃は可愛かったけど、実際は猛獣に近かった
ですよ。。
みしかちゃんの小さい頃もさぞ可愛かったことでしょね♪

ハハルアさんって凄くきちんとリズちゃんを今日まで育てあげてきたんですね~
毎回毎回パピーリポートを読むたびに本当に感心しますです♪
お母様が文句一つ言わないでいてくれたことも有難いことですよね!
うちもリズちゃんと同じ2ヶ月できましたが今思うとフードがあってなかった(療法食でいいウンチなので)んだろうけど毎回毎回ユルチョスまみれでした。
毎日何回お洗濯したっけな(笑)?
あの時は大変だったけどやっぱりいい思い出です。
リズちゃんは食が細い?、お友達とあっても超興奮ってわけでもないし、パピーの時代から比べるとおとなしい印象ですね♪
でもスリッパだけはリズちゃんの象徴として続けて頂きたいたいところです☆

オマタで眠るリズちゃん可愛い!
(オマタで始まってズビバゼーン)

ハハルアさんとお母様の愛を一身に受けて
リズちゃんは立派なスリッパハンターへ
成長したんですね☆
ポヨーンとした表情から、だんだん目力が
強くなってくる様子に成長の証を見ました。

リズちゃんは少食なんですね~。
ウチは出した分だけ食べちゃうので
逆の意味で心配です。
誰に似たのか、加減を知らないBUHI'Sです。

ハハルアさんとリズちゃんの今日までの日々、大変だけど楽しい日々♪
ちょびっと一緒に過ごした気持になれました。
色んなことがあって、一緒に頑張ってここまで育ってくれたリズちゃん。
可愛くってしょうがないですね♪

最近リズちゃんの食が細いって心配されてますよね。
ん~、うちのブヒは大食らいなので…参考にはならないかな。
でも、こだわり派の空は飽きると食べないこともあるので2種類で対応してますよん。

ガルハハさんへ

いやあ、きちんと育てたというか、とにかく
一生懸命でした。ガルバ君、ユルチョスは小さい頃から
なんだ~大変でしたねぇ。うちも、毎朝洗濯に追われました。
そうなんです、このところ、以前に比べてかなり大人になった
ようなんです。う~ん、嬉というか、寂しいというか…

リズさんの小さな頃の行動がガッツとそっくりです。カミカミしたり走り回ったりいろいろしてくれるのですが、眠るときはおまたでぐっすりと言う感じでかわいいですよね。最近はおまたで眠りますか?ガッツはおまたに入ってくるんですが、お尻をこちらに向けて寝てくれます(笑)

めぐみさんへ

いえいえいいんですよ。あなたと私はおまた繋がり。
(自分でも意味不明です。スルーしてください!)
ええ、おかげさまで今まで犠牲になったスリッパ
数知れず。立派に育ってくれました(号泣)
いつもはガツガツ食べるのですけどね、最近は
食べたり食べなかったり。でもおやつはしっかり
食べるので、単なるわがままかと思います。
あん・もなちゃんたちはしっかり食べてくれるんですね。
羨ましい~~

ヴィンママさんへ

この頃はとっても大変でしたが、それだけに気が
入って毎日充実していた気がします。
また同じ経験をしたいかといわれると、う~ん…
でも可愛い子犬だと喜んでやるのかなぁ。。
やるんだろうなあぁ。
ヴィント君の食欲、分けて欲しいでっす。
空君はこだわり派?二種類ということは、こちらの
フードを食べないときは、もうひとつのフードを
あげるということですか?それも大変ですね。

ガッツさんへ

子犬はみんな同じようなものなんでしょうね。
でも、なかには小さい頃から全く手がかからず
とても良い子でしたというブログを読むと、
そんな子がいたことが不思議で不思議で。
今はおまたで寝てくれません(涙)
こちらが抱っこしておまたに置いても、始めは
義理で寝てくれますが、そのうち脱出して
自分一人で寝ています(号泣)

片耳垂れたリズちゃん本当に可愛い~♪
そっかぁ・・・最初はてんてこ舞いになるよね。
朝起きてウンチまみれだけはJuJuママもいつも「それだけは勘弁してよぉっ!!」って泣きそうだったよぉ(笑)
人間の赤ちゃんが1、2年かかるところをワンちゃん達は半年くらいの速さで成長するしおトイレも覚えるし、考えたら短い期間なんだもんね。
この頃が懐かしくもあるし、元気に大人になってくれてよかったっていう安堵感もあるよね。
チワちゃんは確かに軽いけど、神経質な面もあるしハハルアさんちにはリズちゃんをお迎えする運命にあったんだと思うよ。
JuJuママも最初の子はマニュアルどおりやってたけど「こんなの全然出来ないっ!!」って何度も思ったし(笑)
今ではハハルアさんちにはなくてはならない存在のリズちゃんだもんね♪

JUJUママさんへ

ほんと、小さい頃のリズさんは可愛かったですよ。。
JUJUママさんはチワワちゃん達とちふかちゃん、
計8匹のパピーを育てたんですもんね!それだけでも
尊敬ものです!大変だったでしょうが、かけがえのない
期間でもありますもんね。
おっさるとおり、うちはリズを迎える運命だったと思います。
軽いからという理由でチワワちゃんを選んだら、きっとやはり
重たくてもいいからフレンチにすべきだったと言ってたと
思いますよ(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。