07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ハハルア

Author:ハハルア
リズ ♀ 
フレンチブルドッグ (パイド)
06年8月17日生まれ
大阪府豊中市在住

ワンコ向け報道番組
「ニュース・ザパン」の
花形キャスター 
タキガワ・クリズデル 
としても活躍中。

好きなもの:散歩・人・犬・ヨーグルト・友達と遊ぶこと

嫌いなもの:ハウス・暇なこと

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋口の怪談噺

2012.09.12 07:14|日常


関西のとある地域に一人のオナゴが住んでおった。
日頃からそのオナゴは自分は藤原のり香だの、仲間ゆきえだのそんなことを言っておったそうな。



そんなある夜、寝床に入ったオナゴはふといつもと違う感触に気がついた。


掛布団の胸のあたりはなんともないが、足元が妙に寒い…
ちゃんと布団をかぶせているのに。。


いや、寒いというよりも冷たい…


水が入っている何かをひっくり返した覚えもない。


敷布団は何ともなく掛け布団だけ濡れていたのだが、それも不思議である。。


そう思いながら、オナゴは明かりをつけ確かめることにした。



濡れている箇所が黄色く染まっている…



そして、ある気配に気がつきそちらに目をやった








で~た~~~~っ






11081109

人間界に生息して頻繁に悪さをする妖怪ブヒラーが現れたのだ




オナゴは黄色く濡れているものの正体を知って絶叫した





ぎゃああああああああ




あああ



オナゴは恐怖におののいた



もしかして布団を四苦八苦しながら洗わないといけないのか…



何も言わずにクリーニングに出そうか



と、考えている間にブヒラーは布団に這い上がりどっしりと居座った



その体重は重たくまるで金縛りにあったようになってそのまま朝を迎えたのであった



それからオナゴは心を入れ替え、のり香だのゆきえだの名乗らなくなった…



という話は聞いてない。





あなたも日頃の心がけが悪いと 



振り返るとそこに



ブヒラーがいるかもしれない










11081101







フレンチブルドッグひろば


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ









メルシー ボクゥ

テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。