03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ハハルア

Author:ハハルア
リズ ♀ 
フレンチブルドッグ (パイド)
06年8月17日生まれ
大阪府豊中市在住

ワンコ向け報道番組
「ニュース・ザパン」の
花形キャスター 
タキガワ・クリズデル 
としても活躍中。

好きなもの:散歩・人・犬・ヨーグルト・友達と遊ぶこと

嫌いなもの:ハウス・暇なこと

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴンとコロのいた日々 その5

2008.10.23 18:15|思い出・記憶
こんにちは タキガワ・クリズデルでつ。ニュース・ザパンの時間でつ。
riz149

今日はしばらくぶりに「ゴンとコロのいた日々 その5」をお届けしまつ。では、よろしくでつ。
(過去の記事はこちら  その1 その2 その3 その4 )



ハハルアでつ。いや、ハハルアです。

コロとゴン1
大昔に我が家にいたダックスフントの コロ(奥)とゴンです。

今回はしつけ編です。
コロとゴンを迎える時に購入したのはこちらの本
しつけ本
30年以上前に書かれた本です。



リズ81
そこから、ママの歳を推察しようとしたそこのあなた、刺客が送りこまれまつ。


まだ捨てられず置いてありましたが、久々に読んでみると逆に新鮮

紹介されているワンコたち
しつけ本2
当時から ヨークシャテリアやポメラニアンはメジャー


しつけ本4
プードル(右)といえば白で、このカット。テディベアカットなんて存在してませんでした。


しつけ本3
昔は結構よく見かけたスコッティッシュ・テリア(左)とワイヤーへヤードフォックステリア。

しつけ本5
マルチーズ(右)や上記のヨークシャーテリアなどはこの頃は毛を長く優雅にして、いかにも上流階級御用達の愛玩犬といった感じでした。

しつけ本6
左の柴犬は日本犬小型として表記されてました。右はベドリントン・テリア


このベドリントンテリアを含め、欄外でちょっとだけ紹介コーナーにも載っていたのが
しつけ本7
これらの犬種たち。わたしにとってはいずれもここ数年で初めて知ったor見るようになったワンコばかりですが、すでに30年前の本に紹介されていたのが驚きでした。

さらに
しつけ本8
フレンチについても触れていました。写真も挿絵もないですが…

数年前までは珍しいかったと言われるフレンチなのに、30年前の本に載ってたなんてさらに驚きました。ちなみに左下のシーズーが「シード・ズー」と表記されているのも時代を感じます。


さて、リズと違ってゴンとコロの場合、しつけに苦労したことが全くなかったので、この手の本はこれ一冊しか買いませんでした。甘噛みされた記憶もなくなく、吠えることに関しても元々番犬として飼ったこともあり、また近所のワンコ達もみな吠えていたので、お互い様でした。トイレは外でさせていたし、お手、お座り、待て、伏せ などは即効覚えました。


リズ82
それって、まるであたちの出来が悪いみたいではないでつか?


アータは甘噛みは酷かったからねえ。。トイレもなかなか覚えてくれなかったし。


ただ、しつけに関しての部分にはところどころ「平手打ち」という言葉が目につきます。「いけないと言って、平手打ちしてください」といった具合です。
当時のしつけといえば、叩いて直すというのが主流だったから、例えばトイレのしつけは、してはいけないところにおしっこをした場合、口吻を握り、したところに鼻先をこすりお尻を叩くという教え方が主流だったのです。

また、こんなのも
しつけ本9
右側 ゴム製のおもちゃとガム
左側 上 車に乗せるとき用の靴 

この本にもワンコ用の服が紹介されてました。当時、誰がこんなの着せるんや?アホかって、笑ってましたが、今は服着せまくってます…  時代とともに私も変わったようです。


ということで、以上 ハハルアでした。


再びクリズデルでつ。

今度の26日の日曜日、茨木市のワイルドガーデンに久々に午後3時頃から取材予定でつ。天候不順や突発的用事が入るとかママの体調が悪くならない限り、行くつもりでつ。楽しく遊べたらと思いまつ。


リズ83
以上、タキガワ・クリズデルでちた。


↓30年前にフレンチを見たことがある人はポチ
フレンチブルドッグひろば



あ、あかん、誰もポチせんがな。
見たことがない人もポチするのじゃ~~



こちらもポチしてたもれ

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ



テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット

コメント

ペキニーズが北京原人みたいじゃ~~
パピオン・・ヨンさまじゃないのね~

それにしても犬の絵があまりにも下手すぎやしませんかぁ!
オーストラリアンテリア・・怖すぎ!

くろすけの母さんへ

あ、ホントだ~
パピオンになってる。
ね?突っ込みどころ満載でしょ?

オーストラリアンテリアもだけど、
パセンジーもボステリも似てないですわ。

30年前の本だというのに
キレイに保管されてますね~☆
大雑把な私にはムリです。
表紙とか無くなってます、絶対・・・。
それにしてもオーストラリアンテリアって
もはや犬には見えない・・・。
夜道で会ったら食べられちゃいそうです(笑)

ゴンちゃんコロちゃんって賢かったんだなぁ♪
確かに、今より躾けもアバウトだったけど
それにしてもよくデキたワンちゃんです。

めぐみさんへ

オーストラリアンテリアって、ネットで調べたら
この絵が必ずしも外れているというわけでもないみたいです。
実際は可愛いくて賢そうですよ。
しかしここに載っている犬種というのが
今でいう、もう一つメジャーじゃないというか
マニアックな連中がそろっているのが面白いっす。

なんかねえ、リズにはへとへとになったけれど、
あの子達にはほとんど手を焼いた記憶がないんですよねえ。
フレンチはしつけが入りにくいといいますが、それだけの
問題なのかしら??

ハハルアさんすごい!!
なんて楽しい本を紹介してくれたの~
面白すぎ~
絶対あの写真の「ベドリントン・テリア」って羊だよ!!
羊以外に見えん!!
ペキが・・・ペキが~~~~~~~~~~~~
面白すぎ!!(爆)
「オーストラリアンテリア」本当↑食われそう~(爆)
人面犬にも見えてきた・・・
仙人を犬にして見ました~って感じ(爆)
面白すぎ!!!!!!!
腹が痛いよ~(爆)

リズちゃん、遅かろうがトイレを覚えただけ、あなたは才女よ!!
家なんか・・・うちなんか・・・・
はい、私が教えられなくて悪いだけなんですが・・・(涙)ゴンちゃんコロちゃんの賢さを見習いたいものです…私が!!


すごい30年前の本なんですかーー。
貴重ですねえ。
書いてる内容もいいわぁ。
シーズーとかコーギーとか、パピヨンとかもこの頃ってメジャーじゃなかったんだ!って事に驚きました。
逆に、スコッティッシュ・テリアとワイヤーへヤードフォックステリアなんて、最近かと・・・。
近所でよくみかけるし。
勉強になりましたぁ~。
それにしても、挿絵ひどいなぁ・・・。

なんて興味深い本なんでしょう~。
本を結構簡単に捨ててしまいがちだった私、
ほんと、尊敬しちゃいます~。
30年前のワンコの情報。
楽しく読ませて頂きました。

ゴンちゃんコロちゃんって
ほんと手がかからなかったんですね。
その分、リズちゃんが頑張ってるんですよ。
世の中、何事もバランスですよね♪笑
ちなみに、モモもトイレのしつけ、大変でした。
しかし、どうしてワンコやネコちゃんは、
トイレを一箇所でするんですかぁ~?
せっせと自分のトイレに行って用を足すモモを見て、
私はいつも感心してます。これまた、親ばか炸裂v-19

ゆみこさんへ

ベドリントン・テリア、時々本で見かけますが
未だ、実物はお眼にかかってません。耳のカットが
特徴あるんですよね。
しかし、もっと良いイラストレーターがいなかった
のか、もしくはあまり気合いれて書いてなかったのか。
適当でいいやという感じがしないこともないっす。


まあまあ、ゆみこさん、落ち着いて。
玄関入ってすぐくらいに位置してるか、お風呂場の
近くに位置している扉の奥がトイレですよ。

え?覚えてないのはゆみこさんではない?
あ、失礼しました~

YOUさんへ

シーズー、コーギー、パピヨンはここ数年の
登録犬数トップ10入りしてますよね。
この本にはゴールデンやラブラドルは影も形も
出てきません。
少し前はコリーやスピッツが多かったですが、
当時は何が一番人気があったのだろう?
にしても、オーストラリアン・テリアもそうですが
他にシーリハム・テリア、ケアン・テリア、
シルキー・テリアとか取り上げられてますが、
その選出がとってもビミョーーー だと思いません?
スコッティーとかワイヤーヘアードなんかは、
私は昔はよく見かけた気がしますが、
今はあまりみませんわ。
見ます?

アミさんへ

この本が残っていたのは物が捨てられない母の
お陰です。お陰でうちはごみ屋敷一歩手前です。
まあ、だからこの本も見ることができたんですが…

ゴンとコロの時はしつけで悩んだことは
なかったですねえ…引っ張り癖はあったけど
そんなに大して力強くなかったし。。
それもリードをちょっと引っ張るとその都度
なおったし。。
まあ、これでバランスが取れているんですかねぇ?

そういう本があったんですね~
わぁ..ベドリントン・テリアって...羊みたいですね。

そういえば、我が家のnonもパピーの時に
甘噛みが酷くてスプレーやら色々購入しました。

暴れっぷりがリズちゃんと似ているかも..



すごい発見です!!
30年前からフレブルの名前が記載されていたなんて~(*^^)v
絶対誰も知らなかったはずなのに・・・!!
しかもその30年前の本を保管していたなんて、
さすがリズたんママしゃん♪

で、この本の絵がまたまたおもしろいこと(#^.^#)
一番、興味があって飼いたくないのは、
やはりオーストラリアン・テリアですかねぇ~!!
この毛並みだとくしも通らないかと・・・(T_T)

私も子供のころにマルチーズと何かの雑種を飼っていました。とても従順な子で飼い主に逆らうことなんてもってのほか。一度も噛まれたこともなければ吠えられたこともなかったしトレイも散歩以外はずっと我慢している子でした。・・・それに比べうちの王子様はわがまま大王です。どこでしつけを間違えたのやら・・。わんこに対するイメージをことごとく変えてくれました。

konomiさんへ

ベドリントンテリア…実際みたら羊みたいなのかな?
見てみたいですね。
nonちゃんも甘噛みが酷かったですか?
私も母もリズがパピーの時は生傷が絶えません
でした。ゴンやコロには噛まれたことなんて
全くなかったのはむしろ不思議ですね。

10年ひと昔は、犬界もなんですねぇ・・・
面白いです。

ワイルドガーデン、初めてです。v-344
興味しんしんで行きたいですが、所用がありましてv-409
また、宜しくお願いします。

とんちゃんさんへ

30年前、フレンチのことなんて誰も
知りませんよね~
というか、存在すら知らなかったですよね。
私ならとっくに捨てていたんですが、
うちの母は捨てられない性分なもので。。
この絵が酷すぎるといえば酷いんですが、
当時はどれもこんなもんだったような気がします。
まあ誰も似てようが似てまいが、気にしない
という空気がありましたよ。
あ、、私はまだ生まれてませんでしたけどね。

くろままさんへ

そうそうそうでしたよ。
ドーベルマンとか特殊なワンコ以外は
他の飼主さんもしつけで悩んでいたとかいう
話は聞きませんでしたもんね。
当時も家の中で飼っている子も多かった
のに。

流依ハハさんへ

今と昔とペット事情も人間との関係も
ずいぶん様変わりしましたよね。
ランもなければワンコと一緒にお出かけも
できなかったし。
犬の種類もかなり変わりました。

いいですよ、また機会があれば。
ここはかな~~り広いドッグランです。
しかし、カフェもな~~んもありませんが。。

ウチもバカ姉妹がまだ幼き頃
ロコモコ父がよく尻を叩いて躾けておりました
愛情ですよ 愛情ですよ と躾けておったのですが
その愛情が30年以上前の賞味期限切れの愛情だったとは
や でも 30年寝かせた愛は 何ともマイルドな
芳醇で濃厚なテイストを醸し出し
って まあ 今日からは抱きしめて躾けます 

ロコモコさんへ

いや、大丈夫ですよ。
きっとロコモコ姉妹の場合は
叩かれる喜びを知ったに違いありません。
きっと、ドM姉妹として叶姉妹並みに
脚光を浴びそうな気がするのは
私だけでしょうか?

私だけでしょう…
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。