03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ハハルア

Author:ハハルア
リズ ♀ 
フレンチブルドッグ (パイド)
06年8月17日生まれ
大阪府豊中市在住

ワンコ向け報道番組
「ニュース・ザパン」の
花形キャスター 
タキガワ・クリズデル 
としても活躍中。

好きなもの:散歩・人・犬・ヨーグルト・友達と遊ぶこと

嫌いなもの:ハウス・暇なこと

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴンとコロのいた日々 その4

2008.08.31 07:09|思い出・記憶
こんにちは タキガワ・クリズデルでつ。 ニュース・ザパンの時間でつ
リズ67
 
ママから伝言がありまつ。最近みなたんのブログにあまりお邪魔できなくて、またコメントも残せなくて申し訳ないとのことでつ。あたちほど忙しくしてないくせに生意気なことをいってまつ。

さて、以前ママが若かりしころに飼っていたダックスフントのゴンたんとコロたんの思い出話シリーズをお届けしてまちたが、(その1 その2 その3)しばらく中断してまちた。なので今日は久々に続きをお届けしまつ。


その前にこちらの写真をご覧くだたい。

gon1
ゴンにいたんでつ。 

おなじ扉の前でのあたちでつ。
riz121

ママが「リズちゃ~ん、こっち向いて~」って、猫なで声で呼んでまちたが、かたくなに拒否して絶対に振り向いてやりまてんでちた。あたちは硬派のジャーナリストでつ。ミーハーな呼びかけに軽々しく振り向くほどやわな女ではありまてん。第一、こんなところに乗せられて、あたちはご機嫌斜めなんでつ。


では続きをどうぞ。





「ゴンとコロのいた日々 その4」

ハハルアです。
ゴンとコロの食事ですが、ドライフードと手作りご飯を与えていました。ドライフードは今ほどの種類もなく、その当時売っていたものを何となく選んでました。時々牛乳をかけてあげていたこともありました。最近では人間が飲む牛乳を与えない方がいいと言う人も多いのですが、平気で飲ませてました。それでお腹を下すこともなかったのです。ドライも今ほどの高品質ではなかったであろうに、それが原因で体を壊したとかそういったことは全くありませんでした。



手作りご飯といっても、鍋にご飯と鳥のこま切れを入れて、しばらく炊いて冷ましたものをやってました。時々トッピングにキャベツなんか入れてたかもしれません。近年では肉の種類も野菜との組み合わせも栄養のバランスなどを考慮し、レシピなど豊富に出回ってますが、うちはご飯と鳥の組み合わせオンリーでした。

朝はドライフード、夜は手作り(おじや) これを数年続けていましたが、二人とも元気でほとんど病気にかかったこともなく、下痢や便秘、肌荒れなどトラぶったこともありませんでした。


食事も毎度、ガツガツと食べていたので、犬は全てそういうものだと思っていたので、今のリズのようになかなか食いつかない犬がいるなんて、当時は考えられませんでした。


riz122
チラッと向いてあげるから、早く下ろすでつ。

おやつも、今のようにワンコ用なんてものを見たこともなく(あったかもしれませんが)、出汁用の煮干をカルシウム補給のためもあって与えてました。彼らも喜んで食べてました。(後年になって、これをやりすぎると良くないということがわかりましたが)


とにかく、食べ物には今ほど神経質になることもなく、どちらかというと無頓着であったのですが(我々以外も)何度も言うように体調を崩したりアレルギーがでたりすることは、全くありませんでした。当時は今よりもずっと食生活は恵まれてなかったにもかかわらず、ありがたく食べて逞しかったのは、人も犬も同じだった気がします。


続く


再びクリズデルでつ。

ママは先ほどまで、この記事を書いて、最後の最後に保存するのを忘れてしまい、半分以上消えてしまい、がっくりとうなだれてまちた。で、何とか書き直した模様でつ。この件に関して経済産業省は姫井議員が一度離党をして、またすぐに戻ったことと同様のことだとのわけのわからない見方を示していまつ。


riz123
以上、タキガワ・クリズデルでちた。


↓ 食べ物に食いつかないなんて、今のわんこは贅沢なんじゃ~と言う人はポチ。
フレンチブルドッグひろば



そんなワンコに誰がした?!


ついでにこちらもポチ
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ



テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット

コメント

こんにちは!
私のおばあちゃん家で飼っていた犬は、
雑種ですが20年位生きていました。
その子のご飯は夕飯の残りで、ドッグフードは全く
あげていませんでした。
味噌汁だって塩分が濃いし、煮魚の骨だって調味料があった
わけですが、長生きでした。
ワンコは案外何でも大丈夫なのかもv-237ですね!

人間様だけでなく

お犬様も贅沢になっていたんですね~。
ある意味驚きです!!

最近!!お忙しいみたいで、お体大丈夫ですかぁ~?!
コメントなんて、気にしないでくださいねぇ~(*^^)v

ところで、また、笑っちゃいましたぁ~(*^_^*)
リズたん♪イスに乗って、どっち向いてるのぉ~(^。^)
もぅ~!!おとぼけするところもかわいいんだから~♪

そんなにイスの間をガン見すると、
顔はさまっちゃうぞぉ~(ーー゛)

そんな小顔に一回でもいいからなりたいと・・・!!
将軍はぼやいていました・・・(-"-)

ベリーままさんへ

こんにちは。
そうですよね、昔の犬達は今よりかなり粗食だった
にもかかわらず、丈夫で元気だったように思います。
野生の犬なんてそれこそ、栄養も何も考えずに
なんでも口にして育って生きていくわけですから、
今のワンコは恵まれすぎているのでしょう。
でも、粗食でも手のこんだ手作りご飯でも
その子に合っていればいいですよね。

ひろさんへ

今のペット事情って驚きの連続といっても
過言ではありません。
私も今でも えっ そんなのがあるのか!と
驚くことしばしばあります。
それほどワンコの生活は昔と隔絶の感があります。

とんちゃんさんへ

有難うございます~
特に忙しいわけでもないのですが、皆さんのブログに
お邪魔する前に眠くなってまた明日と思っているうちに
次のが更新されていて、あら~ と思うことがしばしば
あるのです(汗)
このときのリズはいくら呼んでも全然こちらを見ず、
というか、わざとこちらを振り向かないようにしていたと
思えました(ムカッ)
確かに男の子に比べると女の子は小顔ですね。
金ちゃんはそのくらいの大顔の方が貫禄あるよ~
あ、夏彦総裁の大顔連に入れるよっ!

リズちゃんのチラ見が可愛い~。
ちょっぴりすねてるのかな?

田舎で外飼いをしていた私には、
室内犬を飼い出して驚きの連続でした(大袈裟?)。
今の実家のワンコはドッグフードオンリーですが、
前に飼ってたわんこは、当然の様に、
人間の食事の残りをあげていました。
ワンコのために、何かトッピングするなんて
想像も出来ませんでした・・・。
もちろん(?)、おやつも人間のものを上げていました。
ただ、何年生きていたのか?記憶に無いんですよね。
なんせ、我が家は代々柴犬で名前まで同じものを
付けていましたから・・・・・。

アミさんへ

すねてましたよ。なんでこんなところに
乗せるんや!って。(笑)

昔は塩分や脂肪なんて、全然考えずに
人間の残り物をあげてたところが多かったようです。
それでよかったということはないでしょうが、
最近の、ワンコ用手作りご飯とは
全然違いますよね。
アミさんところの柴ちゃんは
襲名制度だったんですね(笑)

あ~~♪
ゴンちゃんとリズちゃんの同じ場所での
写真を見ていると、実際に会ったことがないのに
しみじみとしてしまいますよ(笑)
イイですね、こぅいうの。

昔のワンコってホントに逞しかったです。
ウチの“まめちゃん”も
ドライフードと手作りの併用でしたが
栄養バランスについても今よりもっと気楽にやってました(母が作ってたけど・・・ 笑)
それでも何のトラブルも無かったもんなぁ~。
このシリーズを拝見する度に激しく同意しています(笑)

待ってました~
ウチで飼ってた犬は人間の御飯の薄味(お湯で薄める)でした。元気に外でくらしてましたよ~
ブンも食いつきが悪く困ってるんです。ご飯の途中でいなくなるし。。。イモばっかり喜ぶ~
リズちゃんもしっかり食べてくださいね~
椅子に座っての撮影お疲れ様でした。
続き待っています

うちのくりも見た目によらず、最初ご飯をなかなか食べなくて、困りました。
先住犬(ヨーキー)もやはり最初食は細かったですねえ。
しかも食べ物のアレルギーだったので、私がすごく神経質になってしまいました。
そもそも、昔は人間といい、こんなにアレルギーが少なかったんですかね?実家で飼ってた犬は人間のものあげてましたが、元気でしたから。
それにしても、ハハルアさんてば消しちゃったんですか~?
それはかなりショックだったことでしょう・・・。
笑っちゃいけないと思いつつ、笑っちゃいました。ども。

めぐみさんへ

そう、ねぎ類はダメ以外は塩分とかそんなのあまり
考えずにやっていたような。
でも、今のワンコの料理の先生からしたら
とんでもないんでしょうかね?
人間でも一日30品目食べないとダメとかいうけれど、
それも今では疑問視する専門家もいるとか。
同じようなもんでしょね。
e-346

ブンママさんへ

こうして聞いてみると、みんさん、昔は人間のご飯の
残りものみたいなのをあげている人が多かった
ですよね。で、ちゃんと逞しく生きてましたよね。
人間も昔に比べて食生活はグレードアップしたのに
体力や精神力は落ちてますもん。
ブンちゃん芋ばっかり食べてたらダメよ~
大体、ワンコが食べ物に食いつきが悪いなんて
おかしいですよね。e-247

YOUさんへ

おお、やはりくり君も食いつきが悪かった?
飽食の時代、人間もワンコも贅沢になってきたのかな。
私の小さい頃は花粉症も鼻炎もアトピーも一切ありません
でしたよね。アレルギーなんて、よほど特殊な人しか
いなかったような気がします。
三分の一のところで一旦保存はしてたのですけどね…
その後、最後まで書き上げて、ふと別のページを開いて
しまい、すぐにあっと思いましたが、消えてました。。
トホホ…v-406

ワンコといえばなんでも喜んで食べるのが当たり前だと思ってたのに・・・・
くろすけもフードは食い付きが悪いですよ~。ほんと!別に贅沢をさせてるわけじゃないのに。

長生きしてくれるんだろうかと心配になりますよぉ。。

くろすけの母さんへ

この子達はフードであろうと、ご飯であろうと
何でも喜んでガツガツ食べていました。
その頃に比べて、フードの質もぐっと向上し、
味付けもよくなったであろうに…
食いつきの悪い子が増えているのは矛盾してますよね。

とにかく、元気で長生きしてくれればいいですわん。
e-271
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。