FC2ブログ
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
プロフィール

ハハルア

Author:ハハルア
リズ ♀ 
フレンチブルドッグ (パイド)
06年8月17日生まれ
大阪府豊中市在住

ワンコ向け報道番組
「ニュース・ザパン」の
花形キャスター 
タキガワ・クリズデル 
としても活躍中。

好きなもの:散歩・人・犬・ヨーグルト・友達と遊ぶこと

嫌いなもの:ハウス・暇なこと

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

滝への誘い

2008.02.03 08:32|その他
こんばんは~ タキガワ・クリズデルでつ。 ニュース・ザパンの時間でつ。
riz27

今日は、地元の観光名所を紹介しまつ。うちの隣の箕面市には大きな国定公園がありまつ。そこには神社や料亭、その他の施設もありまつ。そして目玉はなんといっても箕面の滝でつ。結構立派な滝なんでつよ。

先の木曜日、天気も良かったのでADのママを従えて取材に行ってきまちた。箕面駅から滝に行く道があり、なだらかな傾斜が5kほどつづいてまつ。普段から熟年層を中心にここを歩く人は多いみたいでつ。
箕面滝道1

あたちは先日仕入れたばかりのBUHIXのアニマルパーカーをきまちた。道行く人がみな可愛いと褒めていまちたが、当然のことでつ。
箕面滝道2
川沿いの道をどんどん歩いていくと
箕面滝道3
昆虫館があったり
箕面滝道4
川向こうだったので、何かわからないでつが、お店があったり、料亭があったり。

しばらくいくと
箕面滝道5
ちょっとわかりにくいでつが、真ん中右寄りにぼ~っと光っているのは看板で「山本珈琲店」て書いてまつ。何でも、結構有名らちいのでつが、ママはあまり知らないみたいでつ。

そして、段々歩いていくと、木々が段々高く密集してきまつ。
箕面滝道6

箕面滝道7
自然も一杯あって、なかなか良いところでつね。ここは普通の服装でいけて、でもかなり歩き応えのあるコースでハイキングの気分が味わえるでつよ。特に紅葉や気候の良い時期は大勢の人が訪れまつ。そのうち、ママの息が少し荒くなったのを見逃さなかったでつ。もっと年配の人はスタスタ歩いていたでつよ。日頃の運動不足が露呈した模様でつ。

あ、途中であたちも休憩がてらトイレタイムとったでつ。
箕面滝道8
自然の中で緑の木々を目の前にしてやるうんpは最高でつ。あたちは普段は側溝の際でするのがすきなんでつが、アスファルトの際もいいでつね。みなたんも、箕面にこられたらアスファルトの際でやられること、お勧めちまつ。際でやるのが、ミソなんでつよ。

さて、滝まであと1kのところまできた時、滝から戻って来た人がすれ違い様に滝のところに大きなサルが二匹いると教えてくれまちた。
そう、箕面といえば、サルが有名なんでつ。昔は滝を中心に車道際によく出没してまちた。人の持ち物、特に食べ物が入っている袋などは確実に狙われ取られてまちた。ここのサルは凶暴でもあるのでつ。ママが大昔、滝に行ったら30匹くらいいたそうでつが、生きた心地しなかったといってまちた。でも、このところ、滝には出没してないとの情報を得ていたのでつ。。

最初はあまり気にはしてなかったのでつが、そのうち心配になりまちた。

ママがサルをみて騒ぐ→サルがママを襲う→両者大暴れする→大騒ぎして興奮しまくる、もしくは怪我をしてぐったりするママ→そのママをこれまでの道のりを引きずって帰る

↑もしかしたら、こういうことが起こらないともかぎりまてん。なので、段々足取りが重たくなってきまちた。でも、せっかく来たし、あと少しだし、滝の写真は撮って帰らないとジャーナリストとして、立つ瀬がありまてん。

でも…あと700mというところで、決断ちまちた。今日はここで帰ろうと。もし万が一、ママに何かあれば、あたちの食事の心配をしないといけまてん。残念でつが仕方ありまてん。よく「せっかくきたから」「あと少しだから」で、無理して事故ることが多いのでつ。この勇気ある撤退に世間はよく決断したと賞賛の声が上がってまつ。

箕面滝道9
潔い決断をしたせいか、帰り道は足取りも軽やかになりまちた。

その後、いつものようにドッグcafe、PLUSTICSさんで休憩をとり、その後
踏ん張る
もっと取材したいことがあったので駐車場では抵抗ちまちたが、結局車に乗せられまちた。

今回はあと少しのところで、残念な結果になりまちたが、いつか必ずリベンジしようと思ってまつ。
箕面滝道9
以上、タキガワ・クリズデルでちた。今回は昆虫館の階段でポーズをとるあたちの映像でお別れでつ。


ADのハハルアより補足です。
滝に近づくに連れて、リズの足取りは重たくなり、時々私の足に絡んでまるでこれ以上行きたくないかのようなそぶりを見せました。まるでサルの情報を聞いてビビッタのか?と思うほど。
↑の文中にある、青文字のママは「リズ」に置き換えて読んでください。
あと少しのところまで来たので、本当は滝の写真を撮りたかったのですが、リズはカラスや猫、その他動物を見ると必ず突進していくので、サルを見ると必ず何らかの反応をすると思います。その時、サルは凶暴だし、こちらは一人だし万が一のことがあったらと思い断念しました。
リズさんも、方向転換をしたとたん、打って変わって軽やかな足取りでタッタカタッタカ歩いてました。やはり、動物的感でこの先の何かを感じたのかな?




↓ここをクリックすると、合コンで良い結果が!
フレンチブルドッグひろば









でありますように!

テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット