07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ハハルア

Author:ハハルア
リズ ♀ 
フレンチブルドッグ (パイド)
06年8月17日生まれ
大阪府豊中市在住

ワンコ向け報道番組
「ニュース・ザパン」の
花形キャスター 
タキガワ・クリズデル 
としても活躍中。

好きなもの:散歩・人・犬・ヨーグルト・友達と遊ぶこと

嫌いなもの:ハウス・暇なこと

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すてきな飼主さん♪

2011.03.31 15:48|思い出・記憶
こんにちは タキガワ・クリズデルでつ。ニュース・ザパンの時間でつ。
riz372



3月26日にブヒのバイブル「BUHI vol18」が発売されまちた。
11032901



お友達のヴィント君も自身が看板犬を務めるブルドスさんのモデルとしてところどころ出てまちた。オレオとゼノンもうちの子自慢に載ってまちた。あ、この間遊んだハルク君も載ってたでつ。


それにしてもほとんどの子があたちより年下でつ。
ついこの間まで、あたちは若い若いとチヤホヤされていたのに… 月日がたつのは早いもんでつ。


さて、今回のテーマは「素敵な飼主」でつ。


表紙をはじめ素敵な飼主さんが次々登場していまつ。みな若くて爽やかな良い感じの人ばかりでつ。そんな中、なんとうちのママのことも紹介されていたんでつ!

あ、画像はないのでご心配なく。


可愛いイラストが添えられた「優良ブリーダーさんに訊く 素敵な飼主さんと出会った話」というコーナーがあるのでつが、その中の一つにあたちがお世話になったブリーダーさんの話が載っていたんでつ。


11032905
丁度この辺りでつ。ご自分のところから巣立っていたブヒとその飼主さん達に触れているんでつ。


その中の「一人娘として嫁いでいったパイドのキュートな女の子のリズちゃん」といえばあたちに決まってまつから、そのオーナーさんというとあたちのママのことになるんでつ。


何が書かれているかは実際読んで頂ければと思うんでつが、とにかくママを褒めているんでつ。
ありがとうでつ!


でも実際は違うんでつよ。

年齢詐称はするは、画像詐称はするは、ぐうたらだわ、ほけーとしてるは、すぐにしんどいといって散歩を短めに切り上げようとするわ、理想の飼主に程遠いんでつ。


11032904
先ほどの画像からもおわかりの通り、この時あたちは眠っていたのに無理に撮影に付き合わされたんでつ。おまけにあたちの白眼向いた写真をさらされてキャスターとしては致命的でつ。


ちっとも素敵な飼主ではないでつ。


また「フレンチのことをとても勉強されて…」と書かれてまちたが、元々本を読んだだけであたちを迎えたので知識で知っていたフレンチと現実とのギャップに戸惑ってまちた。あたちが身を持って教えてやったんでつ。


11032903
フレンチってやつが、一筋縄でいかんことを。

本では書いてない奥深いスリッパ連続10足破壊行為や爆走行為を見逃すこと、甘噛みに耐えること、ゴロゴロして全身砂まみれになることを黙認する、など色々と教えてやったんでつ。



なので、今度は是非とも飼主をしつけたブヒ達のことを取り上げて欲しいでつ。


あ、ちなみにあたちの理想の飼主さんとは
毎日朝晩それぞれ1時間ずつ散歩に連れていってくれる。
毎日ドッグランに連れていってくれる。
毎日ヤギミルクをたらふく飲ませてくれる。
毎日マグロジャーキー一袋、その他おやつをたらふく食べさせてくれる
毎日入念なマッサージをしてくれる
毎日お友達とワサワサ遊ばせてくれる
最高級羽根布団ベッドで寝かせてくれる
誰が見ても藤原紀香もしくは仲間ゆきえ、もしくは吉瀬美智子もしくは
アンジェリーナ・ジョリーもしくは高島礼子もしくは黒木メイサに似てると言われる


少なくても上記のことを満たしてくれる人でつ。
ただ、最後の条件がネックになってなかなかそんな人がいないんでつ。



11032906
以上、タキガワ・クリズデルでちた。


  special thanks >dog-jamさん 


フレンチブルドッグひろば


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ






メルシー ボクゥ
スポンサーサイト

テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット

追悼 エリザベス・テイラー

2011.03.25 09:50|思い出・記憶
こんにちは タキガワ・クリズデルでつ。ニュース・ザパンの時間でつ。
riz349


23日、アメリカの女優・エリザベス・テイラーが心不全のため79歳の生涯を終えまちた。
elizabes1
若い人は馴染みがないでしょうが、彼女ほど「大女優」の名がふさわしい人はいまてん。


10代で映画デビュー、50年代60年代に絶頂期を迎えまちた。
「名犬ラッシー」「若草物語」「花嫁の父」「ジャイアンツ」「クレオパトラ」など、数多くの名作に出演し「クレオパトラ」では史上初の100万ドルのギャラをもらいまちた。アカデミー賞も2度受賞してまつ。


今回彼女の事を取り上げたのも、あたちとエリザベス・テイラーとは無縁ではないからでつ。彼女の愛称はリズ。あたちはその名をもらったんでつ。

勝手にでつけど。


昔、故淀川長治さんが若かりし頃、ハリウッドに行きエリザベス・テイラーにインタビューした時、10代にしてなんとういう貫録、と驚いたそうでつ。

elizabes3
14歳の頃 すでにこの美貌



そしてゴシップも超ド級でちた。結婚も8回してまつ。

最初の旦那はコンラッド・ヒルトンjr
あのおバカセレブとして有名なパリス・ヒルトンのお祖父ちゃんの兄でつ。
ヒルトンホテルの御曹司だった花婿は結婚初日から花嫁をほったらかしにして遊び歩いていたという話でつ。数カ月で離婚

2番目はイギリスの俳優で20歳上のマイケル・ワイディング。
子供をもうけて数年後離婚

3番目は映画プロデューサーのマイケル・トッド
彼は飛行機事故で亡くなりまちた。リズも乗るはずだったのでつが体調を崩しキャンセル。ちなみにマイケル・ダグラスのお父ちゃんの俳優カーク・ダグラスも乗るはずだったのでつが、嫁の助言で乗るのを見合わせ難を逃れたそうでつ。二人とも強運の持ち主でつ。


4番目は歌手のエディー・フィッシャー
「スター・ウォーズ」のレイア姫のキャリー・フィッシャーのお父ちゃんでつ。
夫を亡くし悲しみにくれるリズを慰めているうちに恋に落ちて結婚。エディーは結婚していたので不倫略奪婚になりまつ。

5番目・6番目はイギリスの名優リチャード・バートンでつ。
クレオパトラの撮影がきっかけで恋に落ちたんでつが、当時リズとエディーは結婚中で今度は別バージョンの不倫略奪婚
彼とは一度離婚してまた再婚、1年後にまた離婚

7番目はアメリカの議員
数年後離婚

8番目は入院先で知り合った20歳年下の建設作業員
後離婚

と、計8回結婚してまつ。 

ママの記憶だと7番目の結婚の前後どちらかにメキシコ人の弁護士と結婚寸前までいったそうでつ。で、7番目の旦那さんか、この弁護士さんのどちらかだったか忘れまちたが、「リズと暮らすには多額のお金がかかる」ので別れたということでつ。無類の宝石好きとしても知られてまつ。


あたちはそれほどお金がかかりまてんよ。無類のおもちゃ好きでつけど。



近年は車椅子生活らしかったでつが、この1,2カ月の間にも確かジャネット・ジャクソンのマネージャーと結婚するとかしないとか…いう話を聞いたような気がしまつ。最後まであっぱれでつ。


子役から成功したスターの常として若い頃からチヤホヤされて世間知らずで自分の思い通りにならないと気が済まないという気性の持ち主だったと思われまつ。

それが男性に対しても同じで、気にいったら自分の物にせずにはいられない。だから8回も結婚し離婚できたんでつ。

elizabes5
ま、この美貌と財力があれば男は寄ってきまつ。


今でも厳しいのに当時は不倫略奪婚なんて風当たりはきつく世間からも非難ゴーゴーだったのでつが、それをものともせず次々と話題作に出演し、美人女優だけに留まらず演技も評価されるようになりまちた。

本当に強い人でつ。


しかし病気を幾度も発症し70年代あたりから出演作は減っていき入院を繰返し亡くなるまでに受けた手術は30回とも40回とも言われまつ。
80年代からエイズ撲滅を目的とした慈善活動に力をいれるようになりまちた。

マイケル・ジャクソンとも親しくて彼が亡くなった時もかなりショックを受けていたそうでつ。
今では天国で彼と再会できて喜んでいるに違いありまてん。


本当に怒涛の人生だったと思いまつ。



elizabes4
ご冥福をお祈りしまつ。


彼女が亡くなって一つの時代が終わった感じでつ。




riz321
以上、タキガワ・クリズデルでちた。






フレンチブルドッグひろば


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ






メルシー ボクゥ

テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット

いとしのキャサリン

2011.01.31 00:12|思い出・記憶
こんにちは タキガワ・クリズデルでつ。ニュース・ザパンの時間でつ。

riz301



以前お伝えした野良猫キャサリンたんの後日談でつ。



改めていきさつをお話すると、ママの職場と隣の職場は裏口で繋がっているんでつが、ある時から隣の職場の人が一匹の野良猫にキャサリンと名付けて食べ物を与えていたんでつ。

kyasarin4
職場の裏口でくつろぐ在りし日のキャサリン。


ある日隣の職場が休みの時、窓を覗き込んで悲しげに鳴くキャサリンを見かねてママがお水をあげたところ、ゴクゴクと飲みほし、それからはママの職場の方の裏口に居つくようになったんでつ。


ママの姿をみると身をすり寄せて甘えてくるキャサリンにママはすっかり骨抜きにされ、つい食べ物を与えてしまいまちた。また万が一野良猫として処分されないように首輪も買ってあげたんでつ。(百均で)
kyasarin2




普通の野良猫は ど厚かましい(ハハルア邸の庭の日当たりのいい場所を占領)・迷惑行為(お土産置いていく・人の庭先で他の野良と喧嘩して騒ぐ)・ふてぶてしい(一目散に逃げるならともかく、こちらの様子を伺いながら逃げるのが気にいらん)・そのくせ結構メタボ・目つき悪い・態度悪い・感じ悪い・性格悪い


というのがママの野良評でつ。(飼いネコは除く) だからこそ野良でも生きていけるわけでつが。



しかしキャサリンは普通の野良と違っていたのでつ。
kyasarin6
kyasarin3
品があって顔立ちも良く、人懐こく繊細でもありまちた。



kyasarin1
体型もスリムでちた。ママがモンプチを買ってきて与えても食べなかったこともあったそうでつ。

こんな調子なので、恐らくどこぞでお嬢様として育てられて何らかの事情で野良生活を始めたと思われまちた。なので、野良猫として生きていけるタイプには思えなかったのでつ。



彼女の行く末が心配ではありまちたが隣の職場の人は特に何も考えていない様子。ママとしても一度でも食べ物を与えた以上、責任も感じていたので引き取ってくれる人を探したのでつが、なかなか見つからずヤキモキしていたところ、めでたく同僚のお友達に引き取られることになりまちた。職場に居ついてからおよそ二週間後のことでちた。



里親さんにはすでに「あお」という先住猫がいてキャサリンは「きいろ」と名付けられ大事にされて現在も幸せに暮らしているとのことでつ。
kyasarin11
kyasarin10
迎えられた当初の様子でつ。ブリンドルの青たんはキャサリンを快く迎えいれてあげたそうでつ。その後もう一匹加わり現在は賑やかに過ごしているそうでつ。



里親さんは引き取ったその足で病院に連れていってくれたのでつが、しばらく野良生活してたとは思えないほど体も綺麗で虫も全くいなかったそうでつ。




さて、後日談  といっても大した話でもないのでつが。


最近、里親さんが病院に連れていったところ待合室で他の飼主さんから「その子(キャサリン)はシンガプーラですか?」と聞かれたそうでつ。


なんでも純潔種なら、子猫で20万するのもいるらしいでつ。早速シンガプーラについて調べたところ…

singapura1

世界の猫図鑑より

そこに書いてある身体的特徴、性格はまさにキャサリンに当てはまりまちた。



kyasarin7
この写真なぞ、上の猫ちゃんと額の特徴がそっくりでつ。

キャサリン=シンガプーラ説が濃厚となりまちた。


うちは大ママが大の猫嫌いのため、引き取れなかったのでつが、ママは「なんか 惜しい…」とつぶやいてまちた。

惜しいといっても、どうしようもありまてん。これは引き取ってくれた里親さんへのせめてもの天からのご褒美でつ。

ママはキャサリンが引き取られてから約1年半ほどの間、ひそかに「猫の恩返し」を期待しているようでつが、キャサリンが幸せに暮らしていることが最大の恩返しなんでつ。








あ、最後綺麗にまとまったでつ。

riz271

以上、タキガワ・クリズデルでちた。あ、なんだか今回は出番が少なかったでつ。






フレンチブルドッグひろば


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ






メルシー ボクゥ

テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット

今年の総決算

2009.12.31 01:00|思い出・記憶
こんにちは タキガワ・クリズデルでつ。ニュース・ザパンの時間でつ。

リズ正面



案の定、ドイツ取材の続きは年内にアップは無理でちた。

なぜか、ママは大掃除にハマってしまい、ここが綺麗になったらあっちも綺麗にしないと気が済まないというドツボの渦に巻き込まれた模様でつ。


さて、今年もあと一日、今日で終わりでつ。とういことであたちの今年のハイライトをお伝えしまつ。


その1

今年の3月に初めて旅行取材に行きまちた。
3/21/10
3/21/19
3/21/58
場所は伊勢・志摩・鳥羽でつ。お友達の流依君、はなこちゃん、ぷぅ君と一緒に行きまちた。とても楽しかったでつよ。

初めてのワンコ旅行に興奮したママがはしゃぎ過ぎないように、あたちは夜通しママの枕もとをワサワサしてあげたのは言うまでもありまてん。


その2


広島に初旅行に行きまちた。今回初めて新幹線で往復したんでつ。

広島と言えば、もちろんタラコ祭りでつ。広島は良質のタラコの産地として知る人ぞ知る、なんでつ。
sorajou22
sorajou23
sorajou20
sorajou18

ママは念願のタラコ祭り参加が叶って、感激のあまりむせび泣いていまちた。



その3

その他 色んなところにおでかけしまちた

09081126
8月 奈良 燈花会

09082315
8月 夏祭り参加

09091333
9月 川遊び

09092101
9月 芦屋浜

オフ会も色々と参加しまちた。


その4


東京取材

11月には東京に進出

09112210
代々木公園のオフ会に参加したり

09112139
くりちゃん、ユジンちゃん、みかんちゃんと戯れたり

09112319
ヴィント君(右端)に会ったり

色んなブヒに会ったり有名ショップにいきまちた。東京はワンコOKのお店が多くてオサレでとても素晴らしかったそうでつ。


その5

初海外取材

09122004
12月には初めての海外、ドイツに行きまちた。

今は交通の便が進んでいて、中国道と山陽道を通るでけで、なんと大阪から日帰りでいけるんでつ!

現在その取材の編集中というわけでつ。


このように、今年は泊まり取材が3回もありまちた。元々旅行が好きなママはどれもとても楽しかったそうでつ。
来年もまた色んなところに取材に行ければいいなと思っておりまつ。

そのためにはママの運転がもっと上手にならないといけまてん。もしくは運転してくれる♂をゲットするか、でつ。どちらにしても、ケツを叩いてせいぜい喝をいれておきまつ。



ということで、今年一年有難うございまちた。来年もよろしくお願いいたしまつ。

良いお年をお迎えくだたい。





riz275

以上、タキガワ・クリズデルでちた。


↓ 今年最後のポチを~
バナー1










有難うございます~
これであなたは来年も安泰です。








たぶん…






こちらもポチしてね♪
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ



ついでにこちらもポチよ!



メルシー ボクゥ

テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット

その名はきいろ

2009.08.16 22:31|思い出・記憶
こんにちは タキガワ・クリズデルでつ。ニュース・ザパンの時間でつ。

riz293



14日に宝塚ガーデンフィールズに取材にいきまちたが、ママは夏バテ気味で膨大な写真にやる気を失せ、いまだに編集に取りかかろうとしてまてん。なので、また後日お伝えしまつ。


以前、キャサリンたんの事をお伝えした記事を読んで、もしかしてママが心優しい慈愛にみちた人だと思われたかもしれまてんが、そうでもないのでつ。

あたちがここに来る前後、我が家の庭に野良猫がよくきまちたが、ママはいつも ゴルァ~ といって、追い払っていたんでつよ。なんでも、人の庭先で日向ぼっこするのはいいとしても、他の猫と決闘してギャーギャー騒ぐわ、発情時期もミュアーミュアーウッフンと騒ぐわ、お土産を毎度丁寧に置いていってそれが臭うわ、あたちが口にするわで、ママはいい加減うんざりしてたんでつ。おまけに追い払おうとママが凄んでもなめ切った表情でチラ見するふてぶてしさに、ママは歯ぎしりしてまちた。

でも、キャサリンたんはそんな野良どもと違い、ママにすり寄って愛想振りまいたのでコロッと参ってしまったんでつ。ママはキャサリンがいなくなってからも2日ほど涙ぐんでまちた。


さて、その後のキャサリン情報でつ。

kyasarin6
職場から引き取られる直前のキャサリン。


同僚の話では、早速、里親さんの足にもスリスリしてたそうでつ。ママはそれを聞いて、「私だけに懐いていたのではなかったのか…」と、うなだれてまちたが、その人懐こい性格は大きな利点になるに違いありまてん。

里親さんは、引き取られたその足で病院に連れて行ってくださいまちた。
推定6カ月、病気なし、虫なし、体もきれい、健康面でも問題はなかったそうでつ。

そもそもママも同僚も、野良猫の割には体は汚れておらず、臭い匂いも全くしなかったのが不思議に思っていたそうでつ。

kyasarin7
新しいおうちでケージでくつろぐキャサリン

キャサリンの新しい名前は「きいろ」となったそうでつ。

里親さんは元々猫を二匹飼っておられまちた。で、一匹が亡くなり二匹目を探していてキャサリンを引き取ることになったのでつ。前からいた猫たんが「あお」君というので、「きいろ」と付けてくれたそうでつ。

なんでも、猫の絵本に「あお と きいろ」というのがあるらしいでつ。


きいろたんが推定6カ月ということはママの職場に現れたのが5カ月の頃。ならばその前はどこでどのように暮らしていたのかと疑問でちた。

生まれてからずっと野良猫で過ごしていたには、体もきれいだし、人懐こいし。隣の職場に現れた当初はガリガリに痩せていたということからして元々はどこかで飼われていたのではないかと思われまちた。


どういう事情で野良になったのかわかりまてん。が、とにかく、きいろたんが優しい飼い主さんとあおたんと一緒に仲良く暮らして幸せになってくれることが大事でつ。



でも、まだ新しい環境にはなれないようで、「あお」たんが友好的に近づいても猫パンチで追い払うのだとか。

kyasarin8
「あお」たんが近づくと 猫パンチをかまして隅に逃げる「きいろ」たん。


でも、そのうちに慣れていくでしょうと、里親さんもおっさってるそうでつ。いつかきっと仲良く寄り添って寝てくれることを祈りまつ。


里親さん、本当にありがとうでつ。きいろたんのことをよろしくお願いしまつ。


09061404

以上、タキガワ・クリズデルでちた。

↓   里親さんに感謝のポチを


フレンチブルドッグひろば






ありがとうございます~~
涙・涙







こちらもポチしてね♪
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ






テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。